Superlative accomplishment

【試験対策に役立つ】税理士の解答速報サービスの魅力を徹底調査

身近な税金についての資格

同時に受けなくてもよい

電卓とお金

税理士は、個人や企業のお金に関することが仕事なので、信用はとても大切なものです。
人と接することが多いので、話し上手や聞き上手な人が向いている職業でもあります。
税理士になるには年に1回ある試験を受け会計学2科目、税法3科目の計5科目の税理士試験に合格しなければなりません。
この試験は国家資格の中でも難易度が高いのでとても難しいものとなっています。
受験資格もあるので、事前に確認しておきましょう。
また、受験するときに一気に5科目を受ける必要はありません。
1科目、2科目からでも受験することが可能です。
そして、1度合格した科目は再度受ける必要はありません。
もう1つ覚えておきたいのは、受験資格についてです。
学歴や、実務経験などの受験資格が満たされていない場合は、日商簿記1級の資格が取得が必要となります。
受験資格があるか分からないときは問い合わせて確認してみましょう。
税理士試験が終わると各校から解答速報が出ます。
この解答速報では、配点、模範解答、合格ラインなどを確認することが出来ます。
解答速報で自己採点することにより現時点での自分の実力がわかります。
解答速報は正答を保証するわけではありませんが、解答を解説しているスクールもあるので、自分の勉強するべきところと自己分析して次回につなげる手助けになります。
解答速報は、自分で受け取りに行くことも可能ですが、すぐに内容を知りたい人のためにウェブからでもダウンロードできる場合があります。

試験後模範解答で確認可能

文房具

税理士を目指すなら資格の取得が欠かせませんが、税理士資格の取得に向けた講座を開設している機関が様々あります。
そういったサービスを利用して学習していけば、時間的にも労力においても効率的に資格を取得できるでしょう。
税理士資格講座はスクール制と通信制どちらも存在しているため、都合に合わせて選択できます。
スクールを受講すれば生の講義で学習することになるので、細かな疑問点もその都度解消できるでしょう。
通信講座では、現在はネットによるオンライン授業も行われるようになってきており、講師の授業をそのまま視聴できるサービスも存在します。
教材も充実していて、メール、電話を使用して講師に直接質問することもできるため、通信でも内容の濃い学習ができます。
また、講座では資格試験の解答速報なども掲載しており、試験の出来不出来をすぐに確認することができます。
解答速報を出している講座は多く、各サービスの模範解答は正確なため便利に活用できるでしょう。
試験後すぐに解答速報で答えを知れるのも、講座を利用する大きな利点と言えます。
税理士資格試験を受けるには、受験願書や受験申込書などが必要になるのでしっかりと用意しておくことが大切です。
そして、税理士試験では酒税法や相続税法など11科目の試験が用意されており、その中から5科目を選んで試験に臨むことになります。
試験は3日間にわたって行われ、後日合格発表が出される流れとなっています。
講座で発表する解答速報は科目別に詳しく出されるため、試験後は講座の解答速報で答えを確かめながら結果を待てます。

有効な活用方法

文房具

毎年8月の上旬に行われる税理士試験は、数ある国家試験の中でも非常に難易度の高い試験として知られます。
そのため、多くの受験生は専門学校などを用いて、必死に勉強することになります。
受験しようと考えている科目の全てを一発で合格するのは難しいとされています。
なので、一度合格すると科目免除になるという制度を上手く利用しながら、税理士試験合格に必要となる科目数の合格に挑むことが基本となります。
8月に試験を受けた後、合格発表は12月になりますが、その間に何をすべきか分からない人が多いです。
ただ、出来るだけ短期間で税理士試験に合格する人というのは、この期間も決して無駄にせず、合格のためにするべきことを淡々とこなしています。
その一つの方法が、試験後に各専門学校などを中心に行われる解答速報を用いることです。
解答速報はあくまで各専門学校などが独自に答案を作成し、また配点も予想して振り当てることになるため、100%完璧にそれがそのまま自分の点数に当てはまるとは限りません。
それでも、各専門学校の受験のプロである講師などが行う解答速報は、少なくとも試験を受けた受験生であれば必ず活用することが大切です。
その理由としては、解答速報によって自分の合格点を把握したり、苦手な分野を洗い出したりすることが出来るため、今後の勉強の方針を速やかに計画することが出来るからです。
それは、試験を受けた受験生のみならず、勉強を始めたばかりの受験生にとっても、たとえば税理士本試験のレベルを把握したり、勉強の方針を立てたりすることに役立つので、是非活用するようにしましょう。