Superlative accomplishment

【試験対策に役立つ】税理士の解答速報サービスの魅力を徹底調査

解答がすぐにわかります

試験対策にも役立ちます

計算

税理士は納税者に代行して納税申告などを行うことができます。
また会計知識を活かして企業の経営サポートを行うのも大切な業務の一つです。
オブザーバーとして外部から企業経営の中枢に関与することも多いため、職務遂行のためには企業経営や会計業務に対する幅広い見識が求められます。
この税理士になるためには国家試験に合格する必要があります。
資格取得のためには、経済学や簿記会計をはじめ納税書類作成に関する知識や法律などに関する幅広い知識が必要となるのでスクールに通って学ぶのが一般的です。
スクールでは税理士になるための知識を体系立てて学ぶことができます。
豊富な指導経験を有しているのでわかりやすい講義が受けられることにくわえ、試験合格に向けた受験ノウハウも豊富なのでスクールを利用することで税理士資格取得に向けた多角的な対策を取ることが可能です。
税理士試験は全11科目の中から5科目を選択して行われます。
1科目ずつを段階に分けて受験することも可能なので、社会人でも働きながら税理士の資格取得にチャレンジすることが可能です。
スクールでは税理士試験の解答速報も行っています。
解答速報では試験終了後に試験内容の分析や解答発表を行ってくれるので、自分が受験した試験の内容をスピーディーに確認することができます。
解答速報はスクールのウェブサイトから閲覧できます。
毎年の解答速報をアーカイブから確認することもできるので、次の試験に向けた対策としても役立てることが可能です。

分割して学べます

女性

国家資格取得を目指す社会人や学生の方におすすめの資格が税理士です。
税理士は税務代理や税務書類の作成をはじめ税務相談といった業務を独占的に行うことができる税務のエキスパートで、社会的にも高いステイタスをもっています。
資格を取得することで税理士を目指せるのはもちろんのこと、省庁や民間企業などへの就職活動に向けても大きな武器となってくれます。
税理士資格を取得するためには税理士試験に合格する必要があります。
試験は簿記論や財務諸表論をはじめ法人税法や国税徴収法など11種類の科目の中から5科目を選んでおこなわれ、そのすべてにおいて合格することが必要です。
独学での資格取得はとても困難なので、税理士資格の取得を目指すのであればスクールに通って根気良く学ぶことが最も現実的な方法です。
スクールでは資格取得に必要な知識を体系立てて学ぶことができます。
講義は簿記論や財務諸表論といったそれぞれの科目がコース分けされており、必要な科目を選んで集中的に学ぶことができます。
スクールの受講生であればサイト内から解答速報を閲覧することもできます。
受けた試験の答え合わせもこの解答速報から簡単に行えるのでとても便利です。
また解答速報は試験対策にも役立ちます。
過去の解答速報はスクールが運営するサイト内にアーカイブとして保存されているので、試験前にテスト問題のレベルを把握することにも活用できます。
スクールで学ぶ費用は総額でおおよそ70万円から80万円程度が相場となっています。
1講義当たりの費用はおおよそ15万円から20万円前後です。
受講する講義内容は細かく選択することができるので、資格取得のための費用をぐっと抑えることもできると好評です。

スクールを選ぶ時の参考に

電卓を持つ人

個人の確定申告や企業の税務申告または企業への税務・経営アドバイス等を行う税理士は難関試験で知られています。
公認会計士と違い、科目合格が可能な点が特徴ですが、1年での合格は難しく2年から5年程度の期間で合格を目指すケースが一般的です。
税理士の勉強方法は多岐に渡りますが、多くはスクールや専門学校に通う、通信教育を利用する、また独学で勉強をするの3つに分かれます。
スクールでは的確にポイントを絞って教えてもらえる以外に、周りにも同じように勉強をしている生徒がいるので切磋琢磨出来ます。
刺激を受けて勉強しやすい環境があります。
通信では決まったカテゴリやカリキュラムに沿って勉強しますが自分のペースで行えるのがポイントです。
また独学では費用が最も安く行う事が出来ます。
まずは自分がどのような環境であれば勉強しやすいのかを考えて選ぶ必要があります。
また費用も3つでは大きく異なりますので考慮に入れる必要があります。
税理士になる為には中長期スパンで強い意志が必要ですので、専門学校や通信の場合でもどの業者にするのかもテキスト内容や合格実績、フォロー体制を考えて選ぶ必要があります。
税理士の試験後には解答速報が発表されます。
この解答速報では配点や合格予想点等も発表されます。
解答速報を見て自己採点して何が足りなかったのか自己分析をする事が大切です。
また各スクールの解答速報を参考にして来年度受ける科目を決める以外に、様々なスクールの解説を聞いてみて、来年度以降のスクールを選ぶ参考にする事も出来ます。